児童書を3人にプレゼント4/2

スポンサーリンク

 西村書店から児童書「ほんとうのことしかいえない真実の妖精」(マット・ヘイグ文、クリス・モルド絵、杉本詠美訳、1320円)を。不安な今だからこそ届けたい、子どもの気持ちによりそう物語。「自分を受け入れることとは」「友だちって、どんな存在?」――など、子どもの思いに対してユーモアたっぷり、そして、ちょっぴり現実の苦さがまじったストーリーに希望と励ましのメッセージを込めた心あたたまるファンタジー。作者とイラストレーターは、「信じること」の魔法を描いたクリスマスファンタジーの名コンビ。英国メディアからは「子どもの健やかな心を支える物語。おもしろくスリリングで、心があたたかくなる」(デーリー・エクスプレス)「落ち込んだとき、どうやって立ち向かい、自分を受け入れればいいのかを教えてくれる」(タイムズ)など高く評価された。

はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号

〒102―0071千代田区富士見2の4の6西村書店東京出版編集部「毎日プレゼント係」

4月2日消印有効

スポンサーリンク
新聞・雑誌情報
スポンサーリンク
懸賞だけで生きてゆく!!

コメント